タイトル画像

よくあるご質問

よくあるご質問 > お仕事をお探しの方

Q:派遣ってどんな働き方ですか?

A:ひとつの雇用期間が終わっても、事前に担当者が次の派遣先を見つけて紹介してくれます。詳しくはいろいろな働き方もご覧ください。

Q:友達との応募は可能ですか?

A:面接も友達と一緒にお越しいただいても問題ありませんので、遠慮なくご応募下さい。その方に合うお仕事を最善の努力にてご紹介致します。

Q:面接時に持参する物は?

A:電話かメールにて面接時間を予約して頂き、当日は履歴書(写真添付)をお持ち下さい。尚、希望職種によって職務経歴書をお持ちいただく事もございますので、詳しくは採用担当までお問合せ下さい。

Q:少人数での派遣は不安なのですが…

A:同じ職場担当者が定期的に派遣先の職場を回っていますのでご安心下さい。

Q:登録すれば直ぐに仕事を開始できますか?

A:登録後、ご本人の希望と企業の条件がマッチングすれば直ぐに仕事を開始できますが、複数の高条件を希望された場合は、お時間を頂く場合もございます。

Q:入社時には、どんな格好をして行けば良いですか?

A:職種によって多少違いますが、奇抜な格好(派手な色の服装やサンダル)はできるだけ避けていただければと思います。詳しくは事前に営業担当者が指示を致します。

Q:派遣先ではどのようにフォローをしてくれますか?

A:営業担当者が派遣先とのパイプ役になります。現場の悩みをよく理解している者ばかりですので、お気軽にご相談下さい。人間関係に関するお悩みなど、問題解決のお手伝いができることと思います。

Q:すぐに仕事を辞めたいのですが…

A:本人の都合上やむ得ない場合もありますが、突発退社は今までお世話になった人達を裏切る形になってしまいます。退職の際には1ヶ月前位に営業担当者へ相談の上、引継ぎなどを行ってからお願いします。

Q:有給休暇は派遣スタッフでも取得できますか?

A:正社員と同じ条件で取得できます。六ヶ月継続勤務し、その間のすべての労働日のうち8割以上を出勤する事が条件です。また、日数は六ヶ月経過した後も、勤続年数1年ごとに最大20日まで徐々に増えます。

よくあるご質問 > 企業のご担当の方

Q:予定派遣とはどんな仕組みですか?

A:社員採用を前提に一定期間の間、派遣社員として働きお互いが納得してから社員として雇用するシステムです。研修期間を補えるというメリットから最近では大幅に拡大しています。

社員雇用には企業・求職者のお互いに意思が合致することが条件となります。一定期間後、双方の意思が合致した際に正社員への登用が可能となります。反対に合意に至らなければ、派遣期間終了とともに終了することも可能です。求職者にとってもリスクのないベストパターンです。

派遣期間は試用期間としての性格を帯びていることから、6ヶ月以内の限定になっております。また、職業紹介を意識しているため、派遣期間前の履歴書開示などもみとめられています。医療分野の派遣も紹介予定派遣に限って許可されています。

Q:管理体制はどうなっているのですか?

A:スタッフとのコミュニケーションを重視しており、個人面談やミーティングを兼ねた食事会なども行い、問題の早期解決を最優先に行っております。ワーカー退職理由として約7割を占める対人関係の問題の早期解決に取り組んでいます。

Q:繁忙期・閑散期に対して人員の変動は可能ですか?

A:企業様の生産計画に基づいて人員の配属が可能です。また、リピーターの配属を重視し、次回繁忙時には即戦力スタッフ(経験者)の配属をご提案させていただいております。

Q:スタッフに対する教育はどのように行っていますか?

A:入社前に働くものとしての常識・安全教育を行ってから配属致します。配属後も朝礼・ミーティング等を定期的に行い、意識向上・改善をしていきます。

Q:契約期間はどの程度から可能ですか?

A:基本的に契約期間に関しましては、企業様の望む期間にて対応させて頂いております。ただ、当社は定着率の向上を目指しており、長期的な契約を主としております。

Q:どのような業種に対応できますか?

A:ソフトウェア開発・製造・接客・賄い・事務系など、あらゆる業種に対応しております。

Q:急な人材の補充は可能ですか?

A:当社では条件等で合致する登録者を中心に、早急に連絡・配属という体制をとっております。ただ業種により多少、お時間を頂く場合も御座います。

Q:人の集まりにくい職種についてはどんな対応をしていますか?

A:当社では優秀な人材を企業様に配属するために、近隣は勿論のこと、遠方での現地登録会を定期的に開催し、あらゆるニーズにお答えできるよう対応させて頂いております。また、「活用」・「育成」をテーマにやる気のある方を積極的に採用し現場教育にて、活用・育成をおこなっております。

Q:労災の場合にはどの様な対応をしたら宜しいですか?

A:当社では、各現場で労災保険に加入しています。事故が起こった場合には、緊急連絡網で担当者に連絡して頂き対応します。

ページの先頭へ戻る